石井進の「もっとランダム」2018
FC2ブログ

トップページに戻る!

日本、アメリカ、いろんなところで見たこと聞いたこと、面白そうなネタに出会ったら、 リアルタイムでみなさんにお知らせします。
WELCOME TO OUR OFFROAD PARADISE !
WELCOME TO OUR OFFROAD PARADISE !
IMG_2073_R_20180618091101f53.jpg

Baja1000、Baja500を何回も出場している人達の中で、
『もうオレのBajaはこれでいいや!』と言う満足感、達成感を感じて
「自分のBajaを完結出来た」って人はいないのではないでしょうか!?
(いたとしたらその人は凄い!と思います)

ボク自身も20回近くBajaをやって来ましたが『納得したBaja』をやれたことはありませんです。
『たら、れば・・・」ばっかりです(笑)

そんななかで、今回、はからずもソロで出ることになった江連選手。
バイクはWR450F。使い込んでいるのでかなり”ヘタレ感”はあります。
事実去年のBaja500はエンジントラブルでリタイアでした(>_<)

結果から言うとスポーツマンクラス13位、15:47分でフィニッシュしています。
スタート早々にStellaが故障し、途中のトラッキングが無いために日本で観ていた人は
「あ~やぱり、マシントラブルでリタイアか~」と思っていた人も多かったんです無いでしょうか。

確実に、タフに走っていました。後半、太平洋岸を走るところで地元民のトラップにひっかかり「前転・負傷」しましたが、
見事に完走しました。
約470マイルを15時間47分ですからアベレージ30マイルチョイですか・・・
1位から6位までが13時間台ですから・・・・ソロで15時間台は立派です。

そんな江連ですが、やっぱり「たら、れば」があるのはしかたがないところです。
ゴール後、『もうソロはいいや!』が第一声でした(笑)。
IMG_2148_R.jpg

一方、608xの唐沢栄三郎、中村和博組はと言いますと、
結果は18:35分
608xはProクラスなのでコースは542マイル。スポーツマンより約70マイル長い。
70マイル…約2時間長いとはいえ、18時間35分は想定よりかかり過ぎました(>_<)

ボクの予定では『明るいうちにフィニッシュ!』だったんですが・・・・
「これがBaja」ってとこですかね、ベテランでもいろいろあるのです。

そして何よりも驚いたのは、友達からのメールでした。
《I look at Baja 500 results ……. Karasawa disqualified for driving backwards on course?》
このメールを開いたのは唐沢選手たちをLAXに送り届けた後でした。
慌てて、Scoreのリザルトをチェックしました。
「びっくりしました(>_<)」 、 と同時にサポートとしても「ガックリ来ました(>_<)」

「時間はかかったけど、とりあえず無事に完走した」ってことで608xの今年のBaja500は完結をしていたんですが・・・
IMG_2084_R.jpg
残念です。(写真は608xに何の関係もありませんが、サボテン売りのオジサンです。何故か香を焚いています)
Baja Competitorの中では・・とりわけクラス50,60代の人達の中では何度も優勝している「カラサワ」は有名人です。
そのカラサワが「失格!?」ってことでチョイと騒ぎになっていたようです。

これでは、唐沢選手も「これで幕引き」ってわけにはいかなくなりましたね。
なんとしても、この雪辱を晴らさなければならないでしょう!!
IMG_2083_R.jpg
Bajaは『To be Continueだよね』(^_-)-☆



Map Baja500_R
今年のBaja500のレースコースは全長542.12マイル。ただし、スポーツマンは472.88マイル、Proクラスよりも69.24マイル少ない。これは、カットされた部分(下の写真の黒く塗った個所)のコースが非常に荒れているし、暑いし・・・経験値の少ないSports Manクラスには危険であろうと言うScoreの配慮(?)なのかと・・・「ならコース変更しろよ!」と言いたいです(^◇^)
IMG_2216.jpg
RM174で中村から唐沢に代わった608xは酷暑の70マイルに”ゆったりと“走りだして行った!いぶし銀の走りで(^◇^)
平均時速35Mil/hで2時間です。唐沢は「いや~無理っすよ!」と言っていた。
確かに無理かもしれない・・・オレなら30Mil/hがいいところです(>_<)

逆に、236x江連はここから国道3号でRM243(ボレゴ)まで60Mil/hで移動です。
608xには2時間のアドバンテージになる。なによりも体力の温存になる。江連はソロなのです。

唐沢はRM243に12:00ちょうどに入ってきた。2時間10分で来ました!さすがKarasaw!Bajaでは有名な日本人です!
ここからの26マイルを中村がライドしてRM269まで走ります。暑くてフープスが延々と続きます。

RM269のサンマティアスで中村から代わった唐沢が出て行ったのは1:00PMでした。
ここから次の交代地点のURAPAN(国道1号)まではおよそ204マイル!!長いだよ~ン!

一方、236xの江連は疲れてはいるけれども順調に飛ばしていました。
IMG_2121_R_20180615094206823.jpg
RM247付近を走行中の江連。国道を並んで走るボクのVanのスピードメーターは60mil/hぐらいでした。
江連はRM269サンマティアスを10:50分にスタートして行きました。ここではエレメント交換、水、エネルギー補給。
この時点で608xとは2時間10分の差がありました。「やっぱり、ショートカットですよね~(^_-)-☆」

《この先がマイクスロードでレースコースは左折です。ここは国道3号を対面交通となるので制限速度は20Mil/hです》
IMG_2126_R.jpg

さ~て、我等サポートは国道3号をエンセナダまで戻り、国道1号を南下します。
Urapanと言うRM473まで移動します。
ライダーは約204マイルを走るわけです、しかも山越え・・・ウチ等はj間がたっぷりです(^_-)-☆
IMG_2132_R.jpg

Urapanは地元の人やサポート関係者でごった返していました。やっとパーキングスペースを見つけ《待機》です。
サポートは待つのが”メインの仕事なり”です。
IMG_2137_R.jpg
IMG_2138_R.jpg

もう4輪が来てます。しかし、ここは制限速度が60Mil/h。あまり迫力はありません。
およそ30台ぐらいのバイクやクワドが通過していきました。
17:23 236x江連が来ました。
『海岸で前転しちゃった!』・・・腰だかお尻だか・・痛そうです。
でも6時間30分ぐらいでここまで来た計算になります。

ちょっと休んで17:41分にスタート!ラスト約70マイルです!

そして、608x唐沢が来たのは18:59分!
6時間で走って来ました!!凄いな~65才!!
かなりヘロヘロでしたが・・当り前田のクラッカーだよね(^_-)-☆
IMG_2145_R.jpg

さ~、中村が最後の70マイルだ!!
ウチ等はホテルに戻ってフィニッシュを待ちます。
「500は本当に展開が早くてオモシロイな~」(^_-)-☆
今の時期のBaja半島北部の夜明けは5時30分ごろから薄っすらと明けてくる。

今回、2輪とクワドのスタートは3:30AMだった。

未だ暗いです。「暗いと不平を言う前に・・・・」(笑)
そして、ペースの遅いライダーはレース後半も闇夜を走ることになる。
8:30PMを過ぎると見えなくなるのである。

そんなことは、Baja Competitorはよく判っていらっしゃる(^◇^)
IMG_2072_R.jpg

「自分は明るいうちにフィニッシュできる!」と思っていても、Bajaは何があるか判らない。
IMG_2093_R.jpg

なので、短い時間とは言え、こんなライトになる。
IMG_2100_R.jpg
《Baja DesignsのLEDライトにE-Lineのジェネレーターを装着したYZ250!!

そして、Stella プラス ガーミンも多かったです。
ガーミンに関しては詳しくないんですけど・・・このガーミンはコースマップが綺麗で観やすく表示されてました!
IMG_2107_R.jpg
IMG_2106_R.jpg

んが、ウチ等の608xと236xは「こんなんです」(>_<)
Bajaのベテランなんですけどね~~2チームとも・・・
IMG_2088_R.jpg
IMG_2087_R.jpg

スタートラインにはジム・ホーリーさんも居たりして(^_-)-☆
「お友達のサポート」なんだそうです。相変わらずパワフルでした。
IMG_2097_R_20180614090953899.jpg
今回のBaja500は《50回記念大会》と言うことで、普段の大会とは違う部分があって
参加する側としては戸惑いもありました。
※スタート時間が朝早い!受付・車検が木曜日(従来はレース前日の金曜日)
  IMG_1499_R_201806131248270eb.jpg

当初、「2輪はエントリー台数が少ないな~」と思っていましたが、
いざ、スタートラインに並んでみたら「結構いました!」
Pro+Sportsで計41台・・・・1000のラパス行よりは少ないけどいつもの500よりは多かったようです。

3:00AM Staging、 3:30Start!
朝が早いのは「ノープロブレム!」です。
我ら高齢者チームは朝が早くても大丈夫なんです。

我ら高齢者チームはアメリカからエンセナダ・Mexに入るのに5:00AM出発しました。
エンセナダシには9:50AM到着です。
その足でオーホスネグロスまで移動して、RM39からRM105までPreRunをしてしまいました。
16:30にはエンセナダのモーテルに戻ってきちゃったんですから・・・凄いです(^_-)-☆

Proクラスは3:30AMから1分間隔でスタートします。
手前のステージでインタビュー付きです(笑)。
IMG_2110_R.jpg
IMG_2115_R.jpg

長い待ち時間が長かったです(>_<)
ウチ等の608x 唐沢栄三郎選手がスタートしたのは4:16AMです。
スポーツマンクラスはさすがに30秒間隔でのスタートです。
ウチ等の236x 江連忠男選手は4:33AMにスタートして行きました!ソロで~す!

RM39のオーホスネグロスでボクは〈236xサポートVan〉待機しました。
5:24AM 608xは手を上げて通過!
もう夜が明け始めています。
5:39AM 236xが通過!
共に問題は無さそうです。

急いで国道3号上 KM78に移動します。
608xのサポートVanはすでにここで待機しています。
ボクも隣にパーキング。
レースコースはここまでが73マイルです。
608xはここで唐沢から中村に「ライダ~チェンジ!」です。

6:34AM 608x唐沢が来ました。中村が代わって走りだす!
6:54AM 236x江連が来ました。
6:57AM スタート!ソロなのでちょいと水分等の補給をしました。

とりあえず、問題は無さそうです(^_-)-☆
次はRM120付近、サンマティアスと言う場所で国道左側に大きな駐車場(?)広場がある場所です。
ここはレースコースが国道上でOutBoundとInBoundで“対面交通”なんです。
我らがライダー交代に決めた地点は『Speed Zoneと言う箇所で20mil/h(36km/h)制限』なんです。
IMG_2125_R.jpg
時速20マイルで走るトロフィートラック(この写真は我々がInBoundでトラックがOutBoundです)

なので、道路わきのピットに入りやすいんですね~。
8:00AM 608xの中村が通過!!
608xのライダー交代はここでは無くてRM174地点です。
8:14AM 236x 江連が到着!
ここでエレメント交換と水とエナジーゼリーを補給しました。
ソロの江連は良いペース!って言うか~ちょっとペースを落としても良いんじゃね~か~!?
ここから暑くなるんでよ~(>_<)

608xと236xの差がなんと14分差です(^◇^)

サポートもライダーも暑い場所へと移動です。
次のライダー交代&サポート個所はRM174、《チェックポイント1》でコースと国道がクロスするところです。
✔1です。横に黒く線があるのが国道3号ですね、これをレースコースはクロスして北に行きます。
IMG_2017_R_20180613125850332.jpg

ボクがこのCH1の交代地点に到着したのが9:30AM頃。気温はすでに35度ぐらい!!
先に到着していた608xのサポートは今回、特別に参加してもらったアメリカ在住のHiro君です。
昔から・・・いろいろとお手伝いをして貰ってます(^_-)-☆

彼はミニ・イージーアップ(畳2枚分ぐらい)を広げて暑い日差しを除けていました「これって便利!」
9:46AM 江連到着!速い!
スポーツマンはここから国道を走り、およそ70マイルをショットカット!

9:50AM 608xの中村が来ました。
ここからは65歳の唐沢が走ります。ここからは更に暑く、タフなコースになります( ;∀;) 
IMG_2118_R.jpg
てな感じでRaceは続きます、話も続くんですが、また次回(笑)

IMG_2067_R.jpg
Baja500  終わりました~~!
IMG_2078.jpg

アサイチで236x江連ちゃむ、608x唐沢栄ちゃむ・中村センセ~の3名を日本に強制送還しました。

いま、リバーサイドのモーテルに戻って「ぼ~っと」力が抜けてます(^◇^)

例によって「イロイロありました」が、とりあえず“時間内に完走し”、3人とも自力歩行で帰っていきましたので
まずは一安心です。

ボクはあと少し残って、片付けなどをやっていきます。
IMG_2148.jpg
IMG_2149.jpg

IMG_2153.jpg
Baja500 リポートは日本に帰ってから改めて報告いたします。
28日にエンセナダ市に到着し、その日のうちにプリランを80マイルほどやってしまいました!

なんてオジサン達なんでしょう(^_-)-☆

リバーサイドを5時に出発してしまったので9時前にはエンセナダの定宿に着いてしまったのです。

で、一気にトリニダッド村まで走ってしまったので。

続く29日には温かい(熱いか!?)と頃を50マイルほど走りまして、PreRun》終了でした。

昨日、30日は受付とPre Race Tech InspectionとStellaの取り付けとアンテナ等のチェックを
やっつけてしまいました。
IMG_2043.jpg

そして、本日は9時にラインに並び、お立ち台に上がり、おネ~さんのインタビューなどをさらり“と受け流し”
(実は質問が理解できてなかったりして(笑))
IMG_2053.jpg
IMG_2054.jpg

車検を受け(前日Preを受けているのでサクッと終わり、Stellaも最終セットをして貰い
That' It!!です。
IMG_2059.jpg

その後、軽くスタートからオーホスまでの39マイルのPreRunを軽くこなした236xと608x。
明後日のレースまで準備万端、いつでもOKです。